2019/05/12(日) 「実践!睡眠保健指導入門」ワークショップ・研究報告会のお知らせ

2019/05/12(日) 「実践!睡眠保健指導入門」ワークショップ・研究報告会のお知らせ

 

昨年度好評を博した睡眠保健指導のワークショップを、今年も開催します!

昨今「睡眠負債」などの言葉とともにようやく認識されつつある「睡眠の問題」
学校における生徒・学生の成績不振や中途退学に繋がる大きな要因でもあります。

10代後半から20代前半にかけては体内時計が最も夜型化することが知られており、
睡眠の問題が表面化しやすい年代であると言えます。

「朝どうしても起きられない」
「なんとか起きて通学はしているけれど、授業が頭に入らない」
「昼間の眠気に耐えきれず、授業中に居眠りをしてしまう」

このような症状が見られる場合、それは決して本人が「怠けている」わけではなく、
睡眠の問題が影響している可能性が高いです。

慢性的な睡眠の問題は、朝起きられず遅刻してしまうのみならず、
注意力・集中力の低下による成績不振や、
心身の不調による学習意欲の低下を引き起こし、
中途退学に繋がってしまうケースも少なくありません。

さらに重要なことは、これら睡眠の問題の多くは
日常の習慣を少し見直すだけで改善できる、ということです。

本ワークショップでは、私たちが実施した睡眠改善プログラムの成果を踏まえ、
生徒・学生の睡眠の問題をどのように把握し、どう改善を促すのか、
どのような場合には医療機関と連携すべきか、
等について実践形式で学んでいきます。

生徒・学生の健康と将来を応援するために、睡眠の正しい知識を身に着け、
真に効果のある指導方法を学ぶワークショップです。

ぜひご参加ください!!

 

日時: 2019年5月12日(日) 13:30~17:30

会場: 東京医科大学病院 第一研究教育棟

第一部 講演「ねむりと教育」 睡眠と生徒の健康の関係について、睡眠の基礎知識から最新の研究結果まで、レクチャーを行います。

第二部 ワークショップ「今日からできる睡眠保健指導」 最新の研究結果(※)をもとにした、生徒の睡眠を実際に改善させていくためのメソッドを実践形式で学んでいきます

※睡眠改善プログラム科研費研究「個別化睡眠指導による欠席の削減」

参加費 無料 (ただし資料代として、別途3,000円を頂戴致します)

 

お申込みは、以下のフォームからお願い致します。

▶お申込みフォーム◀

 

 

Comments are closed