総論

Category Archive 総論

講演情報:こどものこころ・からだ・ねむり

12月7日、埼玉県北足立北部養護教員会にて養護教諭約100名を対象に、eSLEEP統括医の志村哲祥医師による睡眠の講演「こどものこころ・からだ・ねむり」 が行われました。

◆寄せられた感想(抜粋)◆
・大変興味深かったです。不登校傾向の生徒が多く、やはり睡眠(生活リズム)が影響している実態があります。
・日本の子どもの睡眠は危機的状況にあること、放置すると心身症や自殺につながる恐れがあること等、科学的にわかりやすく教えていただき、大変勉強になりました。
・カフェインの含有量について、大変勉強になりました。光のリズムについて、思い当たる生徒がいます。職員に情報提供します。
・日々、睡眠不足から体調不良を訴え来室する児童がいるので、今後の指導に生かしていきたいです。
・うつと睡眠についての関係が具体的にわかり、学校で睡眠の大切さに取り組んでいきたいと思いました。

講演情報:『正しい睡眠』を学んで成績アップ! 睡眠学入門

11月30日、SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)の千葉県立柏高校にて、eSLEEP統括医の志村哲祥医師による講演「『正しい睡眠』を学んで成績アップ!睡眠学入門」が行われました。

◆参加した生徒の皆様から寄せられた感想(抜粋)◆
・ゴールデンタイムを信じてテスト勉強も早く切り上げていたので、今後は気にしなくていいからよかった。
・今までのことが間違っていたということを知れた。自分は基本7時間以上寝ようとしていたが、8時間以上寝る目標に変える。
・世界の高校生の平均睡眠時間に比べ日本は少なかったので、もっと時間を確保したいと思った。
・自分があまり眠れなかった理由や、どのようにすれば眠り安いかがよくわかった。
・睡眠のせいで成績が下がる可能性があると思わなかった。今日から改善したい。
・自分の睡眠があまりにもひどく実年齢と比較し、高齢の人と同じ体になっているので、もっと若返ろうと思った。

◆この講義を聞くことを他の人にも薦めますか?◆(約1000人が対象)

・とても薦める 67.1%   ・薦める 31.7%

 

(満足度98.9%)

プレスリリース:「睡眠リズムと不登校」講演会のお知らせ

「睡眠リズムと不登校」の連続講演会を下記要領にて実施いたします。

■概要 「朝まで眠れない」「どんなに頑張っても午前中に起きられない」「全盲で昼夜が分からず睡眠が乱れる」「毎⽇少しずつ睡眠時間帯がずれ、社会に適応できない」という疾患である睡眠リズム障害。

思春期⼈⼝の3〜7%は睡眠リズム障害に罹患しています。発症してしまうと、重度の場合は全く登校ができなくなり、深刻な体調不良・覚醒困難による不適応や不登校をきたします。実際に、⾼校を中退した⽣徒の43.2%は「リズムと学校が合わなかった」(H25 東京都調べ)と回答するなど、⼦どもの健康と未来を守る上で、⼤きな問題となっています。

今回、KTC 中央⾼等学院と連携し、地域の養護教員や保護者向けに この問題を学ぶための連続講演会を開催いたします。

■講演内容と問い合わせ先 ※講演会の参加には事前のご連絡が必要です

タイトル 「睡眠リズムと不登校に関する勉強会」
講義内容 睡眠の基礎知識とメカニズム、誤った都市伝説、リズム、睡眠と学校⽣活、対処法 (講義90分・質疑応答30分)
講師 志村哲祥 (しむらあきよし) 医師・医学博⼠・精神保健指定医・認定産業医
参加費 無料 参加者 教育機関担当者・保護者とそのお⼦様

保健室・養護教諭向け雑誌「健」に特集が掲載されました

全国の保健室・養護教諭向け雑誌「健」7月号と8月号に特集として、
当社R&D嘱託医の志村哲祥医師の記事「その子の「困った」に睡眠の問題は隠れていませんか?」が掲載されました。

バックナンバー 『健』2017年7月号
バックナンバー 『健』2017年8月号

学校現場における睡眠の問題に焦点を当てて、睡眠のメカニズムから対処法までを示した特集です。

◆読者の感想(抜粋)◆
「データが豊富で科学的でとてもわかりやすく、勉強になりました。生徒に伝えたい内容もたくさんあり、面談の仕方も参考になります。」

日本老年医学会雑誌に掲載されました

日本老年医学会雑誌に、こどもみらいR&D統括の志村哲祥医師の記事
高齢者不眠の病態と対応が掲載されました。
この記事は自由に読むことが可能です。

※誌面より、「日本人の不眠の有病率」のグラフを抜粋いたしました。